So-net無料ブログ作成
検索選択
2013年冬ドラマ(1月〜3月) ブログトップ
前の1件 | -

ラストホープ 結末の最終回のあらすじ紹介 [2013年冬ドラマ(1月〜3月)]

ラストホープ 3月26日放送 結末の最終回のあらすじをちょっと、、、





ラストホープ 結末の最終回のあらすじの前に
気になる前回の視聴率をお知らせしておきましょう。
前回、第10話の視聴率は7.4%とシリーズ最低視聴率でした。
第9話の視聴率8.3%と比べると0.9ポイントの大幅ダウン。
これまでの平均視聴率は10.77%で、冬の連ドラの中では
先週の第7位から第10位のランクダウンしました。


ってことで、、、


3月26日放送のラストホープ 結末の最終回のあらすじを紹介しましょう。


波多野(相葉雅紀)らの説得で息子二人から肺の提供の意志を得るが、
恭一郎(中原丈雄)本人が、息子たちからの肺提供を拒否してしまう。
だが、現在の肺の状況では一刻の猶予もなく、
移植以外に命を救う方法は考えられない。


そんな時、鳴瀬(髙嶋政宏)が卓巳と歩美(多部未華子)の前で
突然倒れてしまう。脳腫瘍の腫瘍内出血だった。
卓巳らによって直ちに処置されるが、重篤な状態に陥いる。
意識をなくす前に生体肺移植を成功させるよう託されていた。


一方、恭一郎の拒否により石原病院長(大石吾朗)たちは、
恭一郎を転院させること を考え始めた。
卓巳と歩美は、息子の真一(要潤)、恵介(石田卓也)とともに
恭一郎に手術することを訴える。
健(高橋一生)との会話を思い返した卓巳は思いを激白、
その言葉に打たれてか町田は手術に同意する。


卓巳と歩美は、移植手術を行う高木(田辺誠一)と
タイミングを合わせながら、息子たちの肺の摘出を開始。
そんな中、健の病室を邦夫(平田満)が訪ねる。。。。。。

ラストホープ(上巻) [ 浜田秀哉 ]

ラストホープーそれは、患者の命を救う最後の砦。帝都大学医学部附属病院の高度先端医療センターに、年齢も専門も異なる6人の医師が集結した。
税込980円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム

専門家による試飲調査によると常滑焼の急須は、
お茶の旨みや甘みが強く感じられ渋みとの
バランスが良く、まろやかでコクがあるという結果に。
中でもこの常滑急須「八十八夜」は、縁の際まで
手作業で開けた茶こし穴とお茶の香りを逃さない
密閉度の高い蓋の摺り合わせなど、
職人のこだわりが随所にみられる急須です


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - 2013年冬ドラマ(1月〜3月) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。