So-net無料ブログ作成
水曜ミステリー9 ブログトップ
前の1件 | -

水曜ミステリー9「捜査検事近松茂道13」のあらすじ紹介 [水曜ミステリー9]

水曜ミステリー9 5月1日放送の「捜査検事近松茂道13」のあらすじをちょっと、、、





5月1日放送の水曜ミステリー9は、なんと放送開始から400回目を
記念する特別企画。人気シリーズの「捜査検事近松茂道」の第13弾。
せとうち望郷殺人事件を放送します。
捜査検事の近松役で主演の高橋英樹が、今回は岡山に赴任して
妹の夫を殺したと自供する兄の起訴を担当。
しかし、兄にはアリバイがあることが判明する。


ってことで、、、


5月1日放送の水曜ミステリー9「捜査検事近松茂道13」のあらすじを紹介しましょう。


岡山に赴任した捜査検事の近松(高橋英樹)は、
事務官の明子(池上季実子)の案内で県内を視察中、
下津井漁港で漁師の寺崎(加藤雅也)が水野(石黒賢)らに
任意同行される現場を目撃する。


妻の景子(酒井美紀)に庭内暴力を振るっていた芦田(菊池均也)が
自宅で殺害された。景子の兄・寺崎はその行為を知って逆上していた。
寺崎が芦田を殴っている姿が目撃されていた。
また、過去に傷害の前科があり、捜査陣は寺崎の犯行と見ていた。


寺崎は犯行を自供。寺崎の事件は近松が担当になる。
供述内容に矛盾はないが、物的証拠が乏しいことを知り、
景子や職場の社長・内藤(冨家規政) に聞き取り調査を始める。
芦田が殺害された時間帯に、寺崎のアリバイがあることがわかる。


すると、それを聞いた寺崎は、なぜかその目撃証言を否定。
頑なに自分の犯行だと言い出す。
寺崎が何かを隠していると感じた近松は、起訴を取りやめ、
さらなる捜査をするよう水野に命じるが。。。。。

[岡山お土産]きびだんご

おとぎ話「桃太郎」から生まれた岡山名物のきびだんご。 小ぶりでやわらかな食感が、たくさんの仲間を集めそうです。30個入り
税込1,050円 送料別





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

革本来の自然な艶が美しいアニリン染めの
牛革を贅沢に使用した、脱いだ上着を
スマートに持ち運べ、宿泊にも対応できる
森田鞄製作所のアニリン染め牛革ブリーフバッグ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - 水曜ミステリー9 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。