So-net無料ブログ作成

NHK 大河ドラマ 八重の桜 第22話のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 八重の桜]

NHK 大河ドラマ 八重の桜 6月2日放送第22話のあらすじをちょっと、、、





NHK 大河ドラマ 八重の桜 第22話のあらすじの前に
ちょっと気になる前回の視聴率の結果です。
前回第21話の視聴率は、14.1%でした。
第20話の視聴率13.7%と比べると0.4ポイントのアップ。
これまでの平均視聴率は15.66%です。


ってことで、、、


6月2日放送のNHK 大河ドラマ 八重の桜 第22話のあらすじを紹介しましょう。


会津藩士たちが江戸から戻る中、八重(綾瀬はるか)は
尚之助(長谷川博己)から、三郎(工藤阿須加)と覚馬(西島秀俊)が
都で命を落としたと聞く。


三郎は戦死、覚馬は捕われ斬首と聞いて、佐久(風吹ジュン)と
うら(長谷川京子)は悲嘆に打ちひしがれるが、権八(松重豊)は
武士として立派な最期を遂げた息子たちを誇らしく思いながらも、
涙が止まらない。


三郎の遺髪や形見の衣服があるのに覚馬のものがないことを
不思議に思った八重 は、覚馬は死んでいないと言い張る。


一方、覚馬は都の薩摩藩邸の牢に捕らわれていた。
視力を失いながらも、会津追討の流れを止めようと嘆願書を書き始める。
会津では、謹慎していた容保(綾野剛)が迫り来る戦雲を感じ取り、
頼母(西田敏行)や内蔵助(津嘉山正種)ら重臣たちを前に、
自らの存念を語る。


八重は近所の少年たちに、以前にも増して厳しく鉄砲を教えるが、
つい少年を「三郎」と呼び掛けてしまう自分に気付き、
敵を討つと叫んで鉄砲を持ったまま駆けだし、
弟のかたきを討つと誓い自分を奮い立たせます。


その頃、すでに西郷(吉川晃司)ら東征軍は江戸へと兵を進めていた。
江戸城を攻め落とすことよりも江戸の民を守りたい一心で
勝(生瀬勝久)が西郷に会って説得するが。。。。。。

西郷隆盛 [ 柳川創造 ]

薩摩の下級藩士だった西郷隆盛は、のちに頭角をあらわし、長州藩と手をむすび、倒幕運動で活躍。明治維新の立役者となった。
税込819円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム!

アルティジャーノ紙幣もカードも入るイタリアンレザー小銭入れは、
二重になったフラップ式の札入れに1万円札なら10枚程度まで入り、
二つ折りの財布と同様、折り目などが入らずきれいに収納できるので、
支払いの際など人前でも安心です。
小銭入れは硬貨がたくさん入る大容量。
また裏面のカードポケットには複数枚のカードを収納できます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。