So-net無料ブログ作成
検索選択

宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」第9話のあらすじ [2012年秋ドラマ(10〜12月)]

12月3日放送の宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」第9話のあらすじをちょっと、、、


宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」第9話あらすじの前に
気になる前回の視聴率結果をお知らせしておきます。
前回第8話の視聴率は8.8%でシリーズ最低視聴率でした。
第7話の6.2%と比べると2.6ポイントのアップ。
これで平均視聴率は8.06%となって
先週の13位からひとつ上がって第12位です。


ってことで、、、


12月3日放送の宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」第9話のあらすじを紹介しましょう。


進也(中川大志)の母・久子(菊池麻衣子)が、
事務所に現れる。
甲子園出場が有力視される高校のエースで進也の兄
克彦(野村周平)を脅す人物がいるらしい。
菊池麻衣子のことなら>>


依頼を受けた加代子(瀧本美織)は、克彦の通う
高校野球部の関係者らに聞き込みを行うが、
有力な手掛かりがつかめない。
瀧本美織のことなら>>


そんな中、加代子は、進也が克彦の依頼で
秘密裏に犯人を追っていると知る。
克彦は、かつて同じ野球部に所属した友人を疑っているようだ。


事件の鍵を握る可能性が高い、友人の浩(黒木辰哉)へと
辿りつくのだが、そこには思春期の少年には残酷な事実が隠されていた。。。。。
黒木辰哉のことなら>>




自画自賛!本日のイチ押しアイテム

代名詞でもある森田鞄製作所牛革トラベルボストン
熟練したタンナーに特注して仕上げた細かなシボ入りの牛革を使い、
ひとつひとつの行程を丁寧に仕上げています。
バッグの両側には、新聞や雑誌を無造作に放り込んでも
納まりがつく便利なあおり式の大きなオープンポケット。
2〜3泊の旅行もOKの余裕の収納力。
「鞄は革製に限る」とおっしゃる方にこそ使っていただきたい、
飽きの来ないデザインで長く愛用できる逸品です。



※犬の薬ならジェネリックがおすすめでは、犬の目の薬ならジェネリック薬品がおすすめと題して、ワンちゃんの目の病気に効果のある薬を紹介しています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。