So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第8話 2月23日放送のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛]

2月23日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第8話のあらすじをちょっと、、、





2月23日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第8話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の結果を報告します。
前回、第7話の視聴率は15.2%でした。
第6話の視聴率15.0%と比べると0.2ポイントの微増。
コレまでの平均視聴率は16.64%となっています。


ってことで、、、


2月23日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第8話のあらすじを紹介しましょう。


官兵衛(岡田准一)は小寺家の使者として岐阜城を訪れ、
信長(江口洋介)に謁見した。
明智光秀(春風亭小朝)ら織田家の重臣たちが居並び、
信長の鋭い視線にさらされる中、
官兵衛は必死の思いで播磨攻略法を説く。


その弁舌を気に入った信長は官兵衛に「へしきり」という名刀を授け、
播磨攻めの総大将として秀吉(竹中直人)を紹介する。
気さくな秀吉は官兵衛を長浜城に連れていく。


一方、御着に毛利の調略の手が入っているのに気が付いた
職隆 (柴田恭兵)は、光(中谷美紀)に政職(片岡鶴太郎)の
急所である妻・お紺(高岡早紀)に口添えするよう命じた。
そして政職は、織田に付くことを決意する。


そんな中、官兵衛は秀吉から妻・おね(黒木瞳)や
石田三成(田中圭)ら家臣と引き合わされる。。。。。。。


送料無料】軍師官兵衛(前編) [ 前川洋一 ]

播磨・姫路城主の嫡男として生まれた官兵衛は、22歳にして結婚と同時に家督を継ぎ、主家・小寺家の家 老の座につく。織田信長の将来性をいち早く見抜き、主家を織田方帰順に導いた。信長の命で羽柴秀吉の播磨平定を助けるうちに、官兵衛は秀吉にとって欠かせ ない参謀となっていく。
税込1,103円 送料無料




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。