So-net無料ブログ作成

NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第7話 2月16日放送のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛]

2月16日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第7話のあらすじをちょっと、、、





2月16日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第7話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の結果を報告します。
前回、第6話の視聴率は15.0%と最低視聴率を更新中。
第5話の視聴率16.0%と比べると1.0ポイントのダウン。
コレまでの平均視聴率は16.88%となっています。


ってことで、、、


2月16日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第7話のあらすじを紹介しましょう。


東から領土を広げつつある信長(江口洋介)と、西国の雄・毛利家が
播磨で激 突するのも、今や時間の問題とする中、
官兵衛(岡田准一)の元を毛利家の使者・安国寺恵瓊(山路和弘)が訪れる。


天正元(1573)年、信長は4年以上続いた浅井・朝倉との戦いに勝利。
信長は藤吉郎(竹中直人)の功績に褒美として、
名を羽柴秀吉と改め北近江を与える。


そんな中、官兵衛は親を亡くした又兵衛(川口和宥)を引き取り、
光(中谷美紀)に面倒を見るよう頼む。
天正3(1575)年、小寺政職(片岡鶴太郎)は大評定を招集。


織田に付くか毛利に付くか、生き残りを懸けた激論の中、
官兵衛は左京進(金子ノブアキ)ら守旧派を説き伏せて
小寺家を織田帰順へと導く。

官兵衛は信長に謁見するため、岐阜へ向かうことに。。。。。。。


【送料無料】軍師官兵衛(前編) [ 前川洋一 ]

播磨・姫路城主の嫡男として生まれた官兵衛は、22歳にして結婚と同時に家督を継ぎ、主家・小寺家の家 老の座につく。織田信長の将来性をいち早く見抜き、主家を織田方帰順に導いた。信長の命で羽柴秀吉の播磨平定を助けるうちに、官兵衛は秀吉にとって欠かせ ない参謀となっていく。
税込1,103円 送料無料






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。