So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第6話 2月9日放送のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛]

2月9日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第6話のあらすじをちょっと、、、





2月9日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第6話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の結果を報告します。
前回、第5話の視聴率は16.0%と右肩下がりに降下中。
第4話の視聴率16.5%と比べると0.5ポイントのダウン。
コレまでの平均視聴率は17.26%となっています。


ってことで、、、


2月9日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第6話のあらすじを紹介しましょう。


赤松との合戦で多くの犠牲を出した黒田家に、新たな家臣が集まる。
荒くれ者の太兵衛(速水もこみち)がしばしば問題を起こす中、
官兵衛(岡田准一)は善助 (浜田岳)に家中をまとめるよう命じる。


そして官兵衛は、善助と太兵衛に義兄弟の契りを交わさせる。
また、叔父の休夢(隆大介)は、光(中谷美紀)に
2人目ができないことを暗にほのめかす。
悩んだ光は官兵衛に側室を持ち子どもをつくることを勧めるが、
官兵衛は仕事が山積みだと聞き入れない。


一方、信長(江口洋介)は義昭(吹越満)が挙兵するよう仕向け、
これを追放し、権力を天下に示す。
荒木村重(田中哲司)も信長に服従したと聞いた官兵衛は、
摂津の国主に任じられた村重と再会。


うたげの席で官兵衛は村重の妻・だし(桐谷美玲)と出会う。。。。。。


送料無料】軍師官兵衛(前編) [ 前川洋一 ]

播磨・姫路城主の嫡男として生まれた官兵衛は、22歳にして結婚と同時に家督を継ぎ、主家・小寺家の家 老の座につく。織田信長の将来性をいち早く見抜き、主家を織田方帰順に導いた。信長の命で羽柴秀吉の播磨平定を助けるうちに、官兵衛は秀吉にとって欠かせ ない参謀となっていく。
税込1,103円 送料無料




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。