So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第4話 1月26日放送のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛]

1月26日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第4話のあらすじをちょっと、、、





1月26日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第4話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の結果を報告します。
前回、第3話の視聴率は18.0%でした。
第2話の視聴率16.9%と比べると1.1ポイントのアップ。
コレまで3話の平均視聴率は17.93%となっています。
前シリーズの「八重の桜」の3話終了時点が19.43%ですから
それよりも悪い結果になっています。
もう昔のような20%は当たり前だった大河の視聴率は
確保できなくなっていますね。


ってことで、、、


1月26日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第4話のあらすじを紹介しましょう。


永禄10年(1567年)。室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)が、
各大名に助力を求める書状を書き送っていた。
その書状が御着の政職(片岡鶴太郎)に届くが、同じ書状が
職隆(柴田恭兵)の元にも届いており、政職は思案する。


下克上の世にあって、官兵衛(岡田准一)の主君・政職は
正室・ お紺(高岡早紀)との間に生まれた嫡男の将来を考え始める。
外様の職隆ではなく、子飼いの優秀な家臣・官兵衛を重用するため、
縁戚である左京亮(益岡徹) の娘・力(酒井若菜)と
政略結婚させようとする。


が、官兵衛が先に出会ったのは妹の光(中谷美紀)だった。
兄の左京進(金子ノブアキ)は、官兵衛へ力を嫁がせることに大反対。
また、力も嫌だと自害しようとする。
すると光は、自分が官兵衛に嫁ぐと言いだす。。。。。。


送料無料】 軍師官兵衛 一 NHK大河ドラマ / 前川洋一

播磨・姫路城主の嫡男として生まれた官兵衛は、22歳にして結婚と同時に家督を継ぎ、主家・小寺家の家 老の座につく。織田信長の将来性をいち早く見抜き、主家を織田方帰順に導いた。信長の命で羽柴秀吉の播磨平定を助けるうちに、官兵衛は秀吉にとって欠かせ ない参謀となっていく。
税込1,470円 送料無料




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。