So-net無料ブログ作成

NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第2話 1月12日放送のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛]

1月12日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第2話のあらすじをちょっと、、、





1月12日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第2話のあらすじの前に
気になる前回の視聴率の結果を報告します。
前回、第1話の視聴率は18.9%とまずまずのスタート。
しかし、ここ数年「平清盛」「八重の桜」に続いて
20%超えることができずにいるため、
またダメなのかって関係者はため息をついているらしいです。


ってことで、、、


1月12日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第1話のあらすじを紹介しましょう。


元服した官兵衛(岡田准一)は、政職(片岡鶴太郎)の側近で
奉仕する近習となり、供の武兵衛(永井大)を連れて出仕する。
しかし、官兵衛は左京進(金子ノブアキ)らからばかにされ、
よそ者扱いされてしまう。


翌年、政職の宿敵、龍野の赤松政秀(団時朗)が兵を挙げて攻め込み、
官兵衛は初陣の時を迎える。
左京進は、政職に部隊の先頭にたつと申し出て、
官兵衛に戦がどういうものか教えるという。


しかし、戦の場に立った官兵衛は、敵の陽動作戦を見抜き勝利する。
そんな官兵衛に農民出身の善助(浜田岳)という青年が突然、
仕官を願い出てくる。


宿敵・赤松家の脅威が無くならない中、黒田家と同盟国の間に
政略結婚の話が持ち上がり、官兵衛が想いをよせる
幼なじみ・おたつ(南沢奈央)が花嫁に選ばれ、官兵衛は驚く。
互いを思いながら引き裂かれてしまう官兵衛とおたつ。
婚礼の日、悲劇が幕を開ける。。。。。。


【送料無料】 軍師官兵衛 一 NHK大河ドラマ / 前川洋一

播磨・姫路城主の嫡男として生まれた官兵衛は、22歳にして結婚と同時に家督を継ぎ、主家・小寺家の家 老の座につく。織田信長の将来性をいち早く見抜き、主家を織田方帰順に導いた。信長の命で羽柴秀吉の播磨平定を助けるうちに、官兵衛は秀吉にとって欠かせ ない参謀となっていく。
税込1,470円 送料無料





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。