So-net無料ブログ作成

NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第1話 1月5日放送のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛]

1月5日放送スタートのNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第1話のあらすじをちょっと、、、





今年の大河ドラマの主人公・黒田官兵衛を演じるのはV6の岡田准一。
戦国時代の天才軍師として生涯50数度の合戦で負け知らず。
巧みな弁舌と軍略で豊臣秀吉を支えた冷徹な軍師。
戦国の世にあって、信長、秀吉、家康に重用されるも
才能ゆえに恐れられるが、乱世を見事に生き抜き、
九州・福岡藩52万石の礎を築いた生涯を描く壮大なドラマです。
脚本は、ドラマ「氷壁」「OUT」などで知られる前川洋一氏が手掛けます。


ってことで、、、


1月5日放送のNHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 第1話のあらすじを紹介しましょう。


天正18年(1590年)の小田原。
天下統一を目前に控えた秀吉(竹中直人)の22万の大軍が、
北条氏の小田原城を包囲する中、秀吉の軍師・黒田官兵衛(岡田准一)が
単騎で城門に駆けつける。


丸腰で一人城内に入った官兵衛は、「命を粗末になさるな」と
降伏を必死に説得しはじめる。
そして死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導くことに成功する。


時代はさかのぼって永禄元(1558)年。播磨国(現在の兵庫県)。
姫路城主の嫡男・万吉(後の官兵衛=若山耀人)は好奇心旺盛な少年。
父・職隆(柴田恭兵)は、主君・小寺(片岡鶴太郎)の領地を守るため
日々奮戦していたが、宿敵・赤松家から調略の手が伸び始める。


そんな中、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)の薬草を摘みに
赤松領内に入ってしまう。
万吉を迎えに向かった職隆は、再び赤松(団時朗)に裏切りを誘われる。
時を同じくして、木下藤吉郎(竹中直人)は、
織田信長(江口洋介)と運命の出会いを果たす。。。。。。。


【送料無料】 軍師官兵衛 一 NHK大河ドラマ / 前川洋一

播磨・姫路城主の嫡男として生まれた官兵衛は、22歳にして結婚と同時に家督を継ぎ、主家・小寺家の家 老の座につく。織田信長の将来性をいち早く見抜き、主家を織田方帰順に導いた。信長の命で羽柴秀吉の播磨平定を助けるうちに、官兵衛は秀吉にとって欠かせ ない参謀となっていく。
税込1,470円 送料無料




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。