So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK 大河ドラマ 八重の桜 第24話のあらすじ紹介 [NHK 大河ドラマ 八重の桜]

NHK 大河ドラマ 八重の桜 6月16日放送第24話のあらすじをちょっと、、、





NHK 大河ドラマ 八重の桜 第24話のあらすじの前に
ちょっと気になる前回の視聴率の結果です。
前回第23話の視聴率は、15.0%でした。
第22話の視聴率13.3%と比べると1.7ポイントのアップ。
これまでの平均視聴率は15.37%となっています。


ってことで、、、


6月16日放送のNHK 大河ドラマ 八重の桜 第24話のあらすじを紹介しましょう。


京都では覚馬(西島秀俊)が、牢内で新国家への意見書を書き始めていた。
一方、奥羽勢はどの戦場も苦戦を強いられる。
奥州街道を封じられることを恐れた頼母(西田敏行)は、
新政府軍に停戦を申し出ることを容保(綾野剛)に進言する。


しかし、容保は受け入れてくれず、尽力していた白河総督の任から
解いてしまう。
そんな中、八重 (綾瀬はるか)がかつて尚之助(長谷川博己)と共に
訪れた二本松領内が、新政府軍によって侵攻される。


八重と交流した二本松少年隊も出陣したが、多くの少年兵たちが
新政府軍の銃弾に撃ち抜かれ敗走する。
深手を負った少年兵たちは、会津の日新館に運ばれる。
八重は日新館で救護に当たっていたが、多くの命が失われていく。。。。。

よくわかる会津藩 [ 菊地明 ]

これであなたも会津通!2013年度大河ドラマ『八重の桜』の舞台、会津藩。その歴史と秘密、壮烈な終焉までが、この1冊でわかる!3・2級模擬問題の解答・解説つき。
税込1,575円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム

創業200余年のイギリスの馬具メーカーがつくた
ジャベツクリフ社サドルレザーベルトです。
鞍を馬に固定するためのベルトをモチーフにしています。
ベルト穴の傍に刻印された番号はそのなごり。
革の厚さは約5mm近くあり、植物性タンニンなめしのヌメ革は、
年月と共にアメ色に変化し、しっとり柔らかく身体に馴染んできます。
まさに一生ものといっていいほど長持ちが自慢のベルトです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。