So-net無料ブログ作成
検索選択

ラスト・シンデレラ第10話のあらすじ紹介 [2013年春ドラマ(4月〜6月)]

ラスト・シンデレラ 6月13日放送の第10話のあらすじをちょっと、、、





6月13日放送のラスト・シンデレラ第10話のあらすじの前に
ちょっと気になる前回放送の視聴率を報告します。
前回の第9話の視聴率は15.9%とシリーズ最高視聴率をマーク。
第8話の視聴率14.8%と比べると1.1ポイントのアップです。
これまでの平均視聴率も14.72%となり
春の連ドラではガリレオに続いて第2位にランクされています。


ってことで、、、


6月13日放送のラスト・シンデレラ第10話のあらすじを紹介しましょう。


桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)が自分に近づいたのが
千代子(菜々緒)のためだったと知って、参加していたパーティー
飛び出し部屋に戻る。
すると、チャイムが鳴りドアの前には広斗が立っている。
広斗は謝罪するが桜はドアを開けない。
そこへ、隣室から現れた凛太郎(藤木直人)が広斗を帰らせる。


翌日、桜は出社すると事情を知るスタッフたちはさりげなくフォロー。
閉店後、広斗が声をかけてくるが、智則(NAOTO)らがガード。
広斗は桜と話すことができない。


同じ頃、結婚式をしてなかった公平(遠藤章造)と美樹(大塚寧々)は、
教会挙式することを決め、桜と志麻(飯島直子)に報告。
さらに志麻のお見合いパーティーが開かれ、30人ほど集まる。
そんな日の夕方、桜は桃(市川由衣)の兄・勇介(遠藤要)らに出くわす。
逆恨みする勇介らに暴行されそうになるが、凛太郎が助ける。。。。。。

リョウコちゃん [ 篠原涼子 ]

篠原涼子が大人向けのメッセージ絵本をプランニング。主人公・リョウコちゃんが、がんばる女性を応援する。ページを開くと、こころがふっと軽くなる。気持ちを和ませるエッセンスとなる1冊。
税込1,200円 送料無料





自画自賛!本日のイチ押しアイテム

創業200余年のイギリスの馬具メーカーがつくた
ジャベツクリフのサドルレザーベルトです。
鞍を馬に固定するためのベルトをモチーフにしています。
ベルト穴の傍に刻印された番号はそのなごり。
革の厚さは約5mm近くあり、植物性タンニンなめしのヌメ革は、
年月と共にアメ色に変化し、しっとり柔らかく身体に馴染んできます。
まさに一生ものといっていいほど長持ちが自慢のベルトです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。